独学で宅建の勉強を進めよう【ドリームカムトゥルーへの道】

男性

難しい資格を取るために

公認会計士は取得するにはとても難しい資格といわれており、毎年9割の人が不合格となっています。大学や専門スクールに通って勉強する人もいれば、パソコンやスマートフォンを使いながら通信講座を利用して勉強する人も多くいます。

最新記事一覧

勉強道具

自宅で学べる高校教育

通信制高校は、通信教育によって授業を進めていく高等学校です。自宅での独習を基本として、必要な単位をすべて修得すれば正規の高卒資格が得られます。スポーツなどとの両立を図ったり、不登校経験者が再チャレンジしたりするのに適した学習スタイルであると言えます。

女の人

職場で歓迎される専門資格

宅建は不動産業界はもとより一般企業においても取得が歓迎されている国家資格です。就職・転職時にアピールできるばかりでなく、在職中に必要となることもあるため、働きながら独学で資格取得を目指す人も少なくありません。

試験対策が大切

積み木

通信講座は便利

宅建は難しい資格といわれておりますが、独学で取得しようとすることは可能といえば可能です。しかし、それだけ自宅で集中手金勉強に取り組まなければ宅建の資格を取ることは厳しいものとなります。では、どのくらい勉強時間をとってすれば良いのかですが、平均的に独学で勉強する時間は1日2時間から4時間ほどといわれています。いきなり4時間勉強することは悪いことではありませんが、最初から長い時間取り組めば最初は出来ても、なかなか継続して勉強することは精神的にもきついという人は多くいます。そのため勉強はじめとしてでは、最初は2時間ほど宅建の勉強に集中することが望ましいと言えます。そして勉強になれてこれば徐々に勉強する時間を増やしていけば良いのです。しかし独学で勉強するにしても、どのような試験内容が出てくるのかを把握することも大切です。独学で勉強する人の多くが利用しているのが、通信講座です。通信講座を利用すればどのような試験内容が出てくるのかを把握しながら勉強を進めることができ、試験対策として対応しやすい者となります。なぜなら宅建の試験範囲はとても広いからです。借地借家法や不動産登記法などのような民法、都市計画法や建築基準法などのような法令上の制限、住宅瑕疵担保履行法などのような宅建業法、税法や統計などのようなその他の知識も試験内容に含まれてきます。これだけ広い範囲を勉強するのに独学でお粉運は難しいものですが、通信講座を利用すれば試験対策を行うのにすごく便利なものとなるのです。

勉強

仕事をしながら学ぶなら

難関といわれる公認会計士の試験に合格したいなら、費用を抑えながら、忙しい方も自分の空いた時間で勉強が進められ、合格に向けた充実のプログラムが整っている通信講座を利用しましょう。専門のサービスや通学制の専門学校が提供する通信講座もあります。

勉学

単位制の高等学校

通信制高校は基本的に自宅学習です。月2回から10回ほどスクーリング、レポート提出、試験があります。時間の自由がきくので、自分のペースで卒業できます。学費も安く、金銭的な問題を抱えている人も安心です。カウンセラーがいたり、レポート提出がメールでできるなど、自分に合った学校を選びましょう。